斉藤犬子のスロウな日々

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斉藤犬子のスロウな日々

育児日記とゆるく生きるためのアレコレ

【0歳4ヶ月】こどもちゃれんじベビーに申し込みました!

こんにちは、斉藤犬子です。

おかげさまで娘プリ子が4ヶ月になりました。

スポンサーリンク

首すわりはあと少し、寝返りはまだまだ…と、ややゆっくりめの成長ではありますが喃語の方が激しくて毎日騒がしく過ごしています。

4ヶ月になると手を動かしてハンカチを掴んだりする動作が増えてきたので、急いでおもちゃ類を買い足しています。

オーボールとか。

オーボール ベーシック

オーボール ベーシック

出産前は「どの赤ちゃんも変なボール持ってるけど何なんだろう?」と思っていましたが、なるほど赤ちゃんが掴みやすいんですね! 納得しました。

出産祝いにいただいたガラガラも触れるようになってきたし、テレビも何となく眺めて音や色に反応しています。

この調子で刺激になるものにどんどん触れさせたい!

そこで、以前から友達におすすめされていたこどもちゃれんじベビーに申し込むことにしました。

こどもちゃれんじベビーとは

しまじろうでおなじみのこどもちゃれんじベビーは、生後6ヶ月から申し込める赤ちゃん向けの通信教育です。(少し前はこどもちゃれんじプチという名前だったようです。)

毎月、赤ちゃんの月齢にあったおもちゃと絵本などの教材を自宅に届けてくれます。

出産するまでは教材くらい自分で探して選びたいなあと思っていましたが、いざ赤ちゃんが生まれるとそんな余裕などなく…。

毎月おもちゃと絵本が届くなんて便利すぎる!申し込むしかない!即決でした。

6ヶ月までは特別号が申し込める

こどもちゃれんじは6ヶ月から始めることができますが、それまでの月齢の場合は特別号を申し込むことができます。

特別号の内容は、

  • エデュトイ「ゆらゆらスキンシップジム」

  • エデュトイ「どうぶつスキンシップマット」

  • 絵本「うたあそびBOOK」※音楽の出るおもちゃ付き

  • 絵本「いっしょいっしょ」

  • 情報誌「おやこですくすく」

  • 日めくり成長カレンダー

以上6点でした。

※2017年5月に申し込んだ際の内容です。

※エデュトイとはこどもちゃれんじでの呼び名で知育おもちゃのことです。

特別号の内容と感想

実は、この特別号についているジムが欲しくて受講を決めたようなもの。ちょうどジムを買おうと思っていたのでラッキーでした。 早速プリ子を遊ばせてみると、珍しそうにジムを見上げてキョロキョロしていました。マットについている飾りを手で触ったり、興奮気味に遊んでくれました。カラフルなマットで、寝返りするようになったたらさらに楽しめそうですね。

絵本もかわいい絵柄で、プリ子に見せると興味津々!毎日読んで見せています。

こちらがうたあそびBOOKのおもちゃです。ボタンを押すと、絵本に載っている歌が流れます。プリ子は音の出るおもちゃがまだ苦手なようで怖がってしまいました…。

情報誌と日めくり成長カレンダーです。 内容はママさんなら誰でも知っているかな…というものが多くて、目から鱗!助かった!というレベルではありませんでした。可愛らしいフリーペーパーという印象です。気晴らしに読むくらいならいいかな。6ヶ月からは毎月届くので、より濃い内容を期待します。

ジムと絵本は毎日遊んでいるので大満足です!

月齢にあったおもちゃと絵本が届くのは本当に助かります。

今回、こどもちゃれんじの絵本が届いたことをきっかけに毎日絵本の読み聞かせを始めました。プリ子はまだ全然意味を理解していないと思いますが、一生懸命絵本を見る仕草をするので、もっと読んであげたいなあ…と、わたしも楽しみな時間になりました。

ちなみに、こどもちゃれんじの絵本以外ではもともと所有していたひこにゃんの絵本を読んでいます。サイズが小さめで赤ちゃんも触りやすいかも。買っておいて良かったです。

ひこねのよいにゃんこのおはなし (ひこにゃん絵本)

ひこねのよいにゃんこのおはなし (ひこにゃん絵本)

赤ちゃんが日々成長している様子を見ていると、よりたくさんのものに触れて欲しいと思うようになりました。初めて見るもの、触れるもので赤ちゃんが色んな表情や反応を見せてくれることが嬉しくてたまりません。

こどもちゃれんじベビーの教材を基本にして、これから色んな知育おもちゃで遊ばせてみたいです。

読んでくださってありがとうございました!

お食い初めは外食がおすすめ!

こんにちは、斉藤犬子です。

先日、娘プリ子のお食い初めをしました!

スポンサーリンク

旦那の実家で鯛やら赤飯やら色々用意するんだろうな〜と思っていたら「家じゃなくて外食にする!」とのこと。

旦那の会社の同僚さんが、がんこ寿司平野郷屋敷店でお食い初めをしたという話を聞いたそうで。 家で色々準備するのは大変だし、外食にしようという話になりました。

お食い初めって家でお祝いするイメージしか無かったのですが、外食でもいいんだ。当たり前ですか。

そんなわけで、我が家は義実家の近くにある梅の花でお祝いすることにしました。 懐石料理系の外食チェーン店なら、わりとどこでもお食い初めのお祝い膳を用意してくれるみたいです。ホームページに載っていなくても、店舗に問い合わせすると全然ウェルカムだったりします。今回は義姉が予約をしてくれたのですが、お店側の対応がとてもスムーズで良かったそうです。

家でお祝い膳を準備すると大変ですが、全部お店にお任せできるのは助かりますよね。

お食い初めとは

ちなみにお食い初め(または食べ初め)とは、赤ちゃんの生後100日目に行うお祝いの儀式で、地域によっては「百日(ももか)の祝い」や「歯固め」、「真魚(まな)始め」、「箸揃え」、「箸祝い」という呼び方をします。

お食い初めでは「子どもが一生食べることに困らないように」という願いをこめて、赤ちゃんに食べ物を食べさせる真似をします。

また、歯が生えるまでに成長したことを喜ぶ意味もあります。

お食い初め膳について

お店で用意してもらったお食い初め膳はこんな感じでした。

赤ちゃんはベビーラックを用意してもらって、そこに座らせました。初めて見るご馳走にびっくりしているプリ子です。

お食い初め膳の品は地域によって多少の違いがありますが、基本的には以下のものを用意します。

  • 穀物(お赤飯)
  • 山の幸(野菜)
  • 海の幸(鯛)
  • 水(飲み水)

成長していく上でなくてはならないものをバランスよく揃え、赤ちゃんの健康を願うそうです。

お食い初め膳の献立にも意味が込められています。

赤飯

赤いご飯は太陽を、小豆は星を表す縁起ものと言われています。

汁物

吸う力が強くなるように。

筍の煮物

竹のようにすくすく成長するように。

煮物

健康と長寿を願って。

梅干

シワができるまで長生きするように。

歯固め

丈夫な歯がはえるように。

健やかに、力強く成長するように。

お食い初め膳を食べさせる順序

食べさせる順序まで決まっています。

もちろん地域によって違いがありますが、今回は旦那さんが調べてくれた通りに行いました。わたしの家では食べる順序などお構いなしでテキトウにしたんだけどな…。こういう時はきっちりしなきゃ気が済まない旦那さんです。

  • まずは鯛、煮物、梅干し等を口に持っていく
  • 歯固めを赤ちゃんの歯茎に当てる
  • 赤飯→汁物→赤飯→おかず の順に3回繰り返す

以上。

けっこう面倒くさかったです…。

今回はお料理のセットに歯固め石がついていたので、それを赤ちゃんの歯茎に当てました。地域によっては歯固めにタコを用意するそうですよ。

ちなみに赤ちゃんにご飯を食べさせるのは、赤ちゃんと同性の年長者です。赤ちゃんも同じように長生きしてね!という思いを込めるそうです。

我が家は義母が食べさせてくれました。78歳にして初孫ができたので、とても喜んでくれています。

お店の雰囲気も良かった

赤ちゃんを連れて外食するのが初めてで、赤ちゃんも病院以外の人混みに連れ出すのが初めてだったのでかなり心配でした。お店でギャン泣きしたらどうしようかな…とか、いつも勢いよくうんちをするのでお店で漏らさないかな…とか。

実際にお店に入ると、他にもお食い初めやお宮参りのお祝いに来ているグループがちらほら。個室に入ると両隣から赤ちゃんの泣き声が聞こえてきて、なんだ、みんな仲間だったのね!と安心しました。

プリ子はお店に入る前にぐずついていましたが、ベビーラックに寝かせると落ち着いたようでおとなしくなりました。

途中で少し機嫌が悪くなりかけたときも義母や義姉があやしてくれたので、わたしはゆっくりお豆腐の懐石料理を堪能することができました…って、出産してから外食したの初めてだった!お豆腐も湯葉も美味しいしヘルシーだし、なんて幸せなんだろう…。(感涙)

お食い初めは外食がおすすめ!

こうして無事に娘のお食い初めが終了しました。

ややこしいお食い初め膳を用意しなくていいし食べ終わってからの後片付けもいらないし、やっぱり外食は楽でいいですね。

そして何より、久々の外食は息抜きになって良かったです!

特にわたしは母乳のみで育てている上に田舎住まいのため、なかなか良いお店で外食ができません。気兼ねなく赤ちゃんを連れて行けるお店で完全にストレスフリーでした。

しかもお店のサービスで集合写真を撮ってもらい、帰りにプリントしてもらえました。歯固め石も記念に持って帰れましたし、至れり尽くせりで本当に良かったです。

帰りにお宮参りのお祝いに来ていたご家族と立ち話になって、1か月の赤ちゃんを見るとなんて小さいんだろう…と、改めてプリ子の成長に感動しました。たった数ヶ月しか違わないのに、赤ちゃんの成長スピードってすごいなあ。

今回親戚がたくさん集まってプリ子の成長をお祝いしてくれたので、健やかに育ってくれることでしょう。

読んでくださってありがとうございました!

乳児湿疹はママの手入れが悪いせいじゃない!

こんにちは、斉藤犬子です。

先日、乳児湿疹のお手入れ方法について記事を書きました。読んでくださってありがとうございます!

あれからさらに肌がきれいになり、現在はよだれかぶれも消えてきました。やっぱりママ&キッズのローションが良かったみたいです。

それはさておき、この乳児湿疹。

お手入れに苦労した方ならお分かりだと思いますが、どれだけ丁寧にスキンケアしていても、なるときはなる。赤ちゃんの肌質次第。そういうものですよね。

前の記事でも言及した友人の赤ちゃんは、皮脂汚れが落ちにくいという沐浴剤を使い、病院からおすすめできないと言われたベビーローションを使っていたにも関わらず乳児湿疹はできませんでした。その他スキンケアも特に意識せず、テキトウにしていたそうです。

一方、病院で指導された通りのスキンケアをしていても乳児湿疹ができてしまう赤ちゃんもいる。本当に赤ちゃん次第なので、その時々で対応するしかありません。

で、何を言いたいかというと、乳児湿疹はママが赤ちゃんの手入れをサボっているせいじゃないんだ!ということです。

本日は長々と愚痴を書かせていただきますので、あしからず。

スポンサーリンク

義母のひとことにイラッとした

GWに娘を連れて義母宅へ泊まりに行きました。娘を連れて行くのは初めてでした。

最近、お風呂の時間になると気難しくなる娘プリ子。黄昏泣きの影響か、原因はわかりませんがとにかくお風呂が地雷になっていました。

お風呂場をキョロキョロ見渡して不安そうな顔をすることがあるので、目がはっきり見え出しているせいかもしれません。とにかく、義実家のお風呂は初めてなので激しく泣くだろうなあ…と、気が重くなりました。お風呂場で泣いて暴れられると、腱鞘炎のせいで支えるのがやっとなんです…。

ちなみに、旦那は「プリ子の首が座るまではお風呂に入れるのが怖い!」と言って助けてくれません。一度だけお風呂に入れようとしてくれたことがあったのですが、プリ子がギャン泣きしてしまったのでトラウマになってるみたい…。いやいや、わたしだって手が痛くて落としちゃったらどうしよう?って毎日怖い思いをして入れてるんだけどな。でも、腱鞘炎なんて自分が悪いんだから無理にお願いすることもできないし…と今に至ります。

で、義母宅のお風呂に入ると、やはり泣きそうな顔でキョロキョロとあたりを見回すプリ子。腕を洗おうとすると怖がって暴れようとしました。

こうなると支えるのが精一杯。今にも泣き出しそうなのを必死であやして、なんとか全身を洗って脱衣所で待機していた旦那にパス。旦那に体を拭いてもらっている間に泣き叫ぶ声がお風呂場まで聞こえてきました。

わたしも体を洗ってお風呂を出ると、プリ子は旦那に抱っこされてようやく泣き止んでいました。ひどいときは抱っこしても泣き止まないので、今日は機嫌がいいな!無事にお風呂ミッションクリアしたな!自分では90点くらいの出来だと思いました。

ところが、義母が険しい顔をしています。

「プリ子ちゃんの首と脇が赤くなってたけど、ちゃんと洗えてないんじゃない?」

は?

いやいや、1ヶ月前はもっと酷かったのが、ようやく綺麗になってきたんだけど…。というか、今日は暴れ気味で支えるのが大変だったけど、それでもちゃんと手抜きせずに洗ったよ…?

そんなことをぐるぐる考えているわたしに、義母のトドメのひとこと。

「頬っぺたのブツブツも、ちゃんと薬塗ってるの? かわいそうに」

えーっと?

自分では毎日のお風呂と朝の洗顔を欠かさず頑張って、ようやく乳児湿疹がましになってきたと思っていました。それなのに、赤ちゃんがかわいそう? こんなに大切に世話をしているのに、かわいそう? 自分のスキンケアなんてろくにせずヘアトリートメントもせず、赤ちゃんを優先しているのに?

あなたの息子は一度もお風呂に入れてくれたことがないんだけど…全部わたしが悪いって言うのか!?

乳児湿疹があると、ママが手入れをサボっていると見られるんですんね。なんて理不尽なんだろう…。

毎日お世話をしていないのに口出ししないで欲しい!

育児に関して今までツラいと感じたことはありませんでした。夜間授乳もわりと楽にやってこれたし、プリ子はあまり手のかからない方だし。

しかし義母の言葉を聞くと、ズシン…と今まで気にならなかった疲れを感じてしまいました。

毎日赤ちゃんの荒れた肌を見て、心を痛めていたのは誰でもないわたしです。早く治してあげたくて病院にも相談しました。朝は自分の顔も洗っていないのに、真っ先に赤ちゃんのスキンケアをする毎日でした。いつまでも綺麗にならなくてイライラすることもありましたが、ようやく綺麗になってきて喜んでいたのに。

義母には「病院に相談して毎日ちゃんとお手入れしていますよ。1ヶ月前よりは綺麗になってきたんです」と言いましたが、もちろん反応は薄い…。可愛い孫のお肌が荒れていると、そりゃかわいそうになりますよね。

わたしは「いつも頑張ってるんだね」と評価されて当然のことをしているつもりだったので、ショックでした。なんなら「息子が頼りなくてごめんね」と言ってもらってもいいくらい!(笑)

でも、義母ってこんなもんです。たまにしか会わないと、嫁がちゃんと孫の世話をしているのか、心配になって当然です。離れて暮らしていると、わたしが毎日苦労していることなんて全然伝わらないものです。

一緒に暮らしている旦那ですらわたしが毎日何をしているか知らないと思います。朝は娘が寝ている間に会社へ行き、娘が眠ってから帰宅する。そんな旦那だから、義母の口出しに対して「いや、犬子はちゃんと赤ちゃんの世話をしているよ!」と弁解してくれることもなく、「ほんとだ、プリ子の首と脇メッチャ赤いなあ〜」と、あなたは義母に同調してる場合じゃないだろう!!

長々と愚痴を吐き出してしまい失礼しました。

まとめると、

毎日赤ちゃんのお世話をしていない人に口出しされると、めちゃくちゃムカつく!ということです。

そして乳児湿疹。

これは赤ちゃんの体質によるもので、しっかりお手入れしても治らないことがありますし、数ヶ月に自然と治ったり、よくわからないものです。乳児湿疹は、決してママが手入れをサボっているわけではないのです。

だから、乳児湿疹がひどい赤ちゃんを見てもママを責めないでください。赤ちゃんのお肌を見て一番心を痛めているのはママ自身です。他人に言われなくても「なんとかして治してあげたい」と、赤ちゃんのことを一番に考えています。

もし乳児湿疹で困っているママにアドバイスを求められたら、できるだけ優しく教えてあげてください。日々赤ちゃんの肌荒れと戦って精神が擦り切れているところに厳しい物言いは、めちゃくちゃ傷つきます…。

ちなみにわたしの後日談を。

昨日、母の日で義実家に帰省しておりました。GW後、劇的にプリ子の肌荒れが改善したため義母はたいへんご機嫌でした。今回もまた責められたらイライラしすぎて危なかったです。(笑)

義母がプリ子を可愛がってくれる気持ちは有難いし普段はとっても優しい方なので、これ以上ギクシャクしなくて本当に良かったと思います。

読んでくださってありがとうございました!

【赤ちゃんの肌荒れ対策】乳児湿疹のお手入れ方法

こんにちは、斉藤犬子です。

娘プリ子がもうすぐ4ヶ月になります。

最近になって、ようやく乳児湿疹がおさまってきました。

ちょうど1ヶ月の日から肌荒れがひどくなり、それからずっっっと肌荒れと戦う日々でした…。産後のストレスといえばコレ!というくらい、赤ちゃんの可愛らしいほっぺが荒れているのを見るのは苦痛でした。

娘の場合、乾燥や搔きむしりによる傷もありましたが大半は乳児湿疹でした。

色々試した結果、自分なりにベストなお手入れ方法を発見したので記事にまとめます。小児科の先生と助産師さんに聞いたアドバイスに、わたしが個人的にアレンジを加えた内容になります。

同じく乳児湿疹にお困りの方へ、少しでも参考になれば幸いです。

※もちろん、ご紹介する対策で良くならないこともあると思いますが、赤ちゃんのお肌それぞれなのでご了承ください。改善しない場合は病院に相談してみてくださいね!

また、他の方法で乳児湿疹が改善したよ〜!という方は今後の参考にしたいので、よろしければTwitterやブコメで教えていただけると嬉しいです!

スポンサーリンク

乳児湿疹とは

赤ちゃんの肌は大人と違って薄く敏感なので荒れやすいものです。産後、病院で「お風呂上がりにきちんと保湿してあげてくださいね!」と指導されたママさんがほとんどだと思います。

しかし、きちんと保湿していても、いつの間にか赤ちゃんのお肌にブツブツが…!これが乳児湿疹です。

乳児湿疹には種類があるそうで、新生児ニキビ、乳児脂漏性湿疹、あせも、アトピー性皮膚炎等々。湿疹の種類に応じて対策することが一番ですが、見分けがつきにくいのです。 (参考サイト:【医師監修】赤ちゃんの肌が荒れている…乳児湿疹の原因、ケア方法とは | ヘルスケア大学

乳児湿疹のケアについて

娘の肌が荒れ始めたのは、ちょうど1ヶ月検診の2日ほど前のこと。ほっぺがガサガサに乾燥し、赤い小さなブツブツが現れました。

検診時に小児科の先生に相談したところ、湿疹の原因は肌の乾燥だと指摘されました。

湿疹のケアについては「いつも通り石鹸で綺麗に洗って、しっかり保湿すれば大丈夫」とのことでした。

少しジュクジュクしているところもありましたが、その部分にも保湿クリームはしっかり塗ってくださいとのこと。

これは意外でした。ベビーパウダーとか、使わなくていいんだ。母の時代はオムツかぶれやあせもにシッカロールを使っていたらしいけど、最近は色々調べてもパウダー系はおすすめしていないみたいですね。

乳児湿疹におすすめできないもの

乳児湿疹はとにかく清潔にして保湿することが大事!とのことですが、肝心なのが保湿アイテムです。

わたしは自分の妊娠線予防にジョンソンのベビーローションを使っていたので赤ちゃんにも使おうと思っていましたが、助産師さんに「ジョンソンとピジョンの安いベビーオイルやワセリンは使わない方がいい」と言われました。

えー!どうして!?

ジョンソンとピジョンといえば赤ちゃんにも使えるベビーオイルで超有名なブランドですよね。それがおすすめできないって、どういうこと?

助産師さんいわく、成分に問題があるとのこと。

上記のベビーオイルは鉱物油、つまり石油から作られているのです。ワセリンも同様に石油から作られています。

石油から作られているからダメというわけではなく、アレルギー反応が出るケースもあるということ、また新生児のお肌に初めて塗るものなので、なるべく植物性か動物性のものが好ましいと言われました。例えば、馬油や植物性のピュアオイルなどが該当します。

生後3ヶ月ごろまでにスキンケアで使用したものが今後の肌質にも影響するので、なるべく変な成分のものは使わないほうが良いとも言われました。

同じことを小児科の先生にも聞いたので、赤ちゃんに使おうと思っていたジョンソンのベビーローションはひとまず封印することにしました。ボディシャンプーもジョンソンのものを用意してたのにな…仕方ありません。

乳児湿疹のケアに使用したアイテム

病院で色々と相談した結果、わたしがデイリーの乳児湿疹ケアに使ったアイテムはこちらです。

ヒルドイド軟膏

病院で処方してもらった保湿用軟膏です。

市販ならこちらのクリームになりますが、割高なので病院で処方してもらうほうがいいです。

【第2類医薬品】HPクリーム 60g

【第2類医薬品】HPクリーム 60g

ママ&キッズ ベビーミルキーローション

ベビーミルキーローション150ml

ベビーミルキーローション150ml

口コミでも評判のママ&キッズ(ナチュラルサイエンス)は、やはり病院からもおすすめされました。

無印良品のホホバオイル

もともと自分の体を保湿するために持っていたものでしたが、植物性のピュアオイルなので赤ちゃんにも使えるなと。

念のため病院で使用していいか確認してみると、ホホバオイルはひどく肌が荒れてしまう赤ちゃんもまれにいるらしいので、パッチテストをしてから使用しました。

以上の3点です。

病院で相談した際、乳児湿疹がひどくなったときに使うステロイド系の軟膏を念のため処方してもらいましたが、なるべく使いたくないので最終手段として置いておきました。

乳児湿疹のお手入れ方法

入浴時

湿疹のひどい箇所を石鹸で丁寧に洗い、石鹸が残らないようにお湯で流します。湿疹がひどいからと言って石鹸を使わなかったり、ゴシゴシ擦るのはNGです。

湿疹がジュクジュクしていると石鹸でヒリヒリしないか心配になりますが、赤ちゃんの石鹸は低刺激なので気にせずしっかり洗ってあげましょう。

赤ちゃんの石鹸も、病院でおすすめされたのでママ&キッズのボディシャンプーを使用しました。

ベビー全身シャンプーフレイチェ460ml

ベビー全身シャンプーフレイチェ460ml

肌に合うか不安な方は、お試しセットも販売しているので大丈夫ですよ。

ママ&キッズ ベビートライアルセット

ママ&キッズ ベビートライアルセット

沐浴でもこちらのボディシャンプーを使用しました。また、沐浴剤は肌の表面をコーティングしてしまい、皮脂汚れが落ちにくくなるので使わないほうがいいと指導されました。皮脂汚れが残ってしまうと、乳児湿疹の原因になってしまうので注意したいですね。

赤ちゃんの体は基本的には手で撫でるように洗い、スポンジやガーゼは使いません。

わたしは洗い流すときにガーゼを絞ってお湯をかけるようにしていますが、赤ちゃんが嫌がらないならシャワーを直接かけてもいいそうです。

入浴後

お風呂から上がるとすぐに保湿します。

乾燥がひどくて肌がガチガチに硬くなった箇所は、水分を拭き取る前にホホバオイルを馴染ませます。

オイルを塗った後で丁寧に体の水分を取ります。ふかふかの今治タオルで軽く押さえながら、決して擦らないようにしました。

最後にママ&キッズのミルキーローションを全身に塗り、顔にはさらにヒルドイド軟膏を上塗りして完成です。

その後も乾燥してカサカサになるたびにヒルドイド軟膏を塗ります。授乳中、そばに軟膏を置いておいてこまめに塗ることが多かったです。

朝の洗顔

翌朝、赤ちゃんが目を覚ましてから洗面器にお湯を入れて洗顔と保湿をします。

このときも決して顔は擦らず、清潔なガーゼでポンポンと皮脂汚れを浮かせるようにして洗います。

また、病院で石鹸を使いすぎるのは良くない(1日に何度もお風呂に入れると逆に乾燥しすぎて良くない)と聞いたので、朝の洗顔はお湯だけにしました。

耳や手の汚れが気になるときは、このタイミングで拭き取ります。首の湿疹やあせもも、お湯で洗います。生後1〜2ヶ月ごろは首のシワが深くて洗うのが大変ですが、できる範囲で毎日コツコツきれいにしました。

お湯で洗った後は、お風呂上がりと同様に保湿をします。

特に耳は赤ちゃんが掻きむしって皮がめくれ、ガサガサに乾燥することが多いのでしっかり保湿しました。

以上、このお手入れを2ヶ月半ほど毎日続けました。

お手入れの結果

劇的に改善することはありませんでしたが、悪化は食い止めることができました。

だんだんお肌がきれいになってきたかな?と思ったところで爪で掻きむしった傷と湿疹が増え、やっと治ったかと思うとまた別の傷と湿疹ができたり…の繰り返しでした。まさにいたちごっこ。

しかし乳児湿疹は悪化しなかったので、せめて現状維持を目標にスキンケアを続けました。

すると、3ヶ月をすぎたある日、カチカチだった頬の乾燥がましになりました。季節的な要因もあるのでしょうか…。

頬の乾燥がましになったタイミングでホホバオイルの使用を止め、顔の保湿はママ&キッズのミルキーローションとヒルドイド軟膏のみに変更。すると1週間ほどで赤みが消え、だんだんお肌が白くなってきました。

生後1ヶ月すぎの肌の様子がこちら。 小さなブツブツがたくさんあります。写真に写っていませんが、首が真っ赤でとてもひどい状態でした。

そして改善後がこちら。 右頰によだれかぶれの跡がありますが、赤いブツブツはほぼ無くなりました!触るとカチカチに固くなっていた頬の皮膚もフニフニと柔らかくなりました。

首まわりの赤みも治っています。暑くなってきたのでどうしても完全にきれいにはなりませんが、まあ許容範囲かなと。

もしかして、ホホバオイルを使わずに初めからママ&キッズのミルキーローションを使っていた方が良かったのか…?

ツルツル肌にはもう一息ですが、なんとか湿疹がぶり返すことなく維持できています。

さいごに

以上、わたしが実践した乳児湿疹のお手入れ方法でした。

現在、顔のお手入れはママ&キッズのミルキーローションとヒルドイド軟膏を引き続き使用していますが、体の方はジョンソンのベビーローションを使い始めました。もう3ヶ月過ぎたので大丈夫かな…と。

というのも友人の10ヶ月になる赤ちゃんが、生まれたときからずっとジョンソンのベビーローションでツルツル肌を維持できているのを見て、あまり神経質に考えすぎるのもよくないかな…と思い至ったのです。

ちなみにその赤ちゃんは沐浴剤も使っていたので、病院でおすすめできない保湿方法をひたすら行っていたにも関わらず肌トラブル知らずだなんて…羨ましい。本当に、赤ちゃんそれぞれなんですね。

ジョンソンのベビーローションは自分もずっと使っていたので、やはり使用感が良いです。体の方はトラブル無しなので、このまま使って行きたいと思います!

ジョンソン ベビーローション 無香料 300mL

ジョンソン ベビーローション 無香料 300mL

これからも赤ちゃんのツルツル肌を目指してスキンケア頑張ります!夏にかけて暑くなるので、あせもとオムツかぶれに気をつけたいです。

読んでくださってありがとうございました。

母の日に好評だったプレゼント5選

こんにちは、斉藤犬子です。

GWが終わったらすぐ母の日ですね!

GW中に買っておけばよいものを、何をプレゼントするか悩んでしまい毎年ギリギリに購入しています。GW中にちゃんと考えておけばいいのに、ギリギリ人間だからできないのです。

高価なプレゼントよりも気持ちが大事でしょ!ということでお花をプレゼントする方もいると思いますが、お花だけではどうしてもインパクトが弱いです。

お花は貰った瞬間とても嬉しいものですが、それだけです。やはり実用的なプレゼントを貰った方が嬉しいのです。

実際に、母にお花をプレゼントしたときと別のものをプレゼントしたときのテンションが全然違ったので、毎年お花以外のものをプレゼントしようと心に決めています。

今日は、そんなわたしが母にプレゼントして喜んでもらったものをご紹介します。

スポンサーリンク

花瓶

もともと好きな花は自分で選んで買ってくる母。

ベランダや出窓によく花を飾っているので、花瓶をプレゼントすると喜んでもらえました。

オーソドックスな花瓶や一輪挿しはもちろん、トトロのプランターカバーが一番気に入ったようで、リビングに飾ってくれています。

野田琺瑯の保存容器

お料理好きな方なら、誰でも欲しがっていると言っても過言ではないはず!

野田琺瑯は自分で買うには少し高い…けど欲しい…という、まさにプレゼントにぴったりの商品です。

100円均一で買ったプラスチックのタッパーを使うより、野田琺瑯の保存容器を使った方が断然料理が楽しくなりますし、冷蔵庫に入れてもなんかオシャレ。ワンランク上の生活感を味わえるのです!

毎日の家事を楽しくしてもらうためにも野田琺瑯はおすすめです。

サーモスのコーヒーメーカー

サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.7L ブラック ECF-701 BK

サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.7L ブラック ECF-701 BK

コーヒーが好きで一日3杯は飲むのに、コーヒーメーカーを持っていなかった母。

いつもコーヒーはインスタントのドリップコーヒー。

そんなに好きなら、ちゃんとしたコーヒーメーカーがいるよね?ということで購入。

喜んでもらったポイントは、コーヒーポットが魔法びんになっているので、約6時間保温ができるところ。

父が気まぐれに「コーヒー入れて!」と言ってきても、ポットのコーヒーを注ぐだけ。

めちゃくちゃ楽です。

最近の母は「コーヒーはポットに入っているから勝手に入れて飲んでね」と父に伝えて、カップに注いであげることすらしていませんが。

フィスラーのフライパン

フィスラー フライパン 26cm クリスピープレミアム 121-400-261

フィスラー フライパン 26cm クリスピープレミアム 121-400-261

「なんか、良いフライパンが欲しい!」と言っていたので購入。

いつもはティファールのフライパンを使っている母。フィスラーはちょっと高価なので持っていません。

プレゼントするとめちゃくちゃ喜んでもらえましたが、「もったいない」と言ってなかなか使ってくれません…。

ちなみに、フィスラーのフライパンでステーキ肉を焼くと最高に美味しかったです。

もっと日常使いして欲しいですね。

ティーポット

お友達が遊びに来たときに使う可愛いティーポットが欲しい、と言っていたので購入しました。

母が自分で選ぶと、どうしてもオーソドックスなデザインのものになるので、北欧系の可愛らしいデザインを選んでみました。

お友達にも可愛い!と好評なようで、いつも使ってくれています。

以上が、母にプレゼントして特に喜んでもらったプレゼントでした。

ちなみに、今年のプレゼントはデジタルフォトフレームにする予定です!

ソニー SONY デジタルフォトフレーム S-Frame D720 7.0型 内蔵メモリー2GB ホワイト DPF-D720/W

ソニー SONY デジタルフォトフレーム S-Frame D720 7.0型 内蔵メモリー2GB ホワイト DPF-D720/W

今年は子どもが生まれたので、デジタルフォトフレームしかないなと。いつもギリギリまで悩みますが、すんなり決定しました。

義母にもプレゼントします。両家とも初孫になるので、きっと喜んでくれるでしょう。

週末が楽しみです。

読んでくださってありがとうございました。

娘にギャン泣きされて改心した旦那の話

こんにちは、斉藤犬子です。

先日、実家に頼りすぎて旦那が育児に協力してくれない…という記事を書きました。

やはりこのままではいけません。

旦那と話し合わなきゃな…と思っていたとき、事件が起きました。

娘がパパに抱っこされてギャン泣きした

朝、いつも目覚めはご機嫌なプリ子。

その日も大きなあくびをした後、にこにこ笑っていました。

わたしが手を洗う間、旦那にプリ子と遊んであげてね、と伝えて寝室を離れました。

(残念ながら、わたしが遊んであげてね、構ってあげてね、と言わないと旦那はいつまでも知らんぷりで寝ています…。)

洗面所で手を洗っていると、突然プリ子のけたたましい鳴き声が!

どうしたの?

寝室に戻ると、旦那がプリ子を抱っこしてオロオロしています。

「何かわからんけど、抱っこしたら急に泣いた」とのこと。

それから、いくらあやしても火がついたように激しく泣き叫んで止まりません。

予防接種のときですら、すぐに泣き止んだのに…。

こんなに激しく泣くプリ子を見たのが初めてだったので、びっくりしました。

とりあえず授乳をすると落ち着きましたが、わたし以上に驚いた旦那が呆然としています。

「どうして急に泣いたんかな?」

旦那は理由がわからず、傷ついた様子でした。

でも、わたしはプリ子の気持ちがわかる気がする。

わたしですら、旦那がプリ子をあまり構ってあげないことを不満に思っているくらいだから、本人はもっと不満なんだろう。

いつも構ってくれない人が急に抱っこするから、びっくりして泣いちゃったんじゃないかな。

スポンサーリンク

旦那と話し合いました

上記のことを、なるべく優しい口調で旦那に伝えました。

ですが、旦那は釈然としない様子で「抱っこしたときに痛かったのかな?」と、物理的な理由を探そうとします。

それは、おそらく違います。

わたしが腱鞘炎でうまく抱っこできなくても、そんなことでプリ子は泣きません。

旦那に次のことを伝えました。

  • プリ子はもう新生児じゃない。
  • 目が見えてきて、いつもお世話してくれる人の区別はついている。
  • パパが平日も土日も構ってくれないから寂しがってるんじゃないかな?

あとは自分の気持ちも、イライラせず、かなり優し〜く伝えました。

貧血だったり、今も腱鞘炎がひどくて実家に頼っているけど、いつまでも迷惑かけられないから夫婦二人で頑張りたいと思っていること。

プリ子がかなり喃語を話しているから、起きているときはなるべく構ってあげて欲しいこと。

腱鞘炎が悪化しているから、土日はちゃんとお風呂を手伝って欲しいこと。

最後に、飲み会のこと。

付き合いの飲み会は仕方ないから行くなとは言わないけど、旦那が自ら「これから飲み会は月一にする!」と宣言していたのに、一度も守ろうとしないのは疑問に感じる。

これだけは、やや強めに言いました。(笑)

だって、自分で決めたことですからね。

話し合いの結果

話し合いというか、ほとんどわたしが気持ちを伝えただけですが…。

旦那の考えも知ることができました。

プリ子は新生児期のままだと思っていたようで、こんなにも急成長しているとは思っていなかった、これからもっと積極的に関わってくれるとのこと。

やはりプリ子にギャン泣きされたのが相当ショックだったようです。

わたしの腱鞘炎も悪化していると知らなかったようで、もっとプリ子の抱っこや家事を手伝ってくれるそうです。

飲み会のことはばつが悪そうに笑って誤魔化されましたが、とりあえずは本人の意思に任せたいと思います。

こんな感じで、何とか前向きに頑張って行けそうです。

正直にいうと、こんなことを何故わたしが優しく言ってあげなきゃわからないんだ!赤ちゃんの成長過程とか軽くネット見るだけでも勉強できるだろ!!!

…と思いましたが、プリ子にギャン泣きされて凹んでいたので追い討ちはやめました。

逆に考えると、プリ子がギャン泣きしてくれたおかげで旦那と喧嘩せず、落ち着いて話し合いできたんじゃないかな?と思います。

ありがとう、プリ子!

興味深いブコメをいただきました

最後に、興味深いブコメをいただいたのでご紹介します。

実家を頼りすぎたあげく、旦那に捨てられた人を知っているだけに…ほどほどがいいですね

おっしゃる通り!反省しました。

実家が近いからと言っても、やはり一緒に暮らしているわけではないので、旦那が一番頼りです。

今回のことで、旦那をもっと頼って、二人で頑張らないと子育てはできないな、と感じました。

しかしブコメの文面が引っかかりまして…。

実家を頼りすぎたあげく、妻が捨てられるとはこれいかに?

むしろ使い物にならない旦那が捨てられたのでは?

もしくは育児に参加できない旦那が拗ねて出て行ったのか?

育児を頑張っている側が捨てられる、という表現に、何だか深い闇を感じずにはいられませんでした…。

コメントをくださったのが男性なのか女性なのかわかりませんが、やはり育児は夫婦が主体で行わないと上手くいかないということに気付かされた次第です。

これからは上手く旦那をたてて、仲良く子育てできるように頑張ります!

読んでくださってありがとうございました。

実家に頼りまくり育児のメリット&デメリット

こんにちは、斉藤犬子です。

わたしは実家に超近いところに住んでいます。

自宅から実家まで徒歩5分以内。激近です。

実家が近いので、妊娠してからこれでもか!というくらい母にお世話になっております。

つわりで何も食べられなくなったとき、なぜか母の手料理は食べられる!ということで2ヶ月ほど夕食を食べに通い、出産後はわたしが再入院するトラブルがあったので娘が1ヶ月半になるまでゆっくり里帰りさせてもらい、現在も平日はほぼ毎日娘を連れて遊びに行っています。

甘えすぎですよね。

アラサーにもなって情けないな…と思います。

ですが、子育ては一人じゃできないな、と身にしみて感じたので実家に頼りまくり育児のメリットをご紹介します。

育児を実家に頼るメリット

家事はお任せ、育児に集中できる

退院してすぐは、赤ちゃんとの生活に慣れることに必死になります。

赤ちゃんがいつ起きるかわからない。赤ちゃんがいつ寝付くかわからない。

何もかも予定通りにならない、そんな中で掃除洗濯炊事を全てこなすことは不可能です!

里帰りしていれば家事の全てを母にお任せでき、育児に専念できます。

しかも母は育児のプロ。

困ったことや不安はすぐに相談できるので、心強いです。

しっかり睡眠がとれる

家事を母にお任せできるので、眠いときは赤ちゃんと一緒に眠ることができます。

朝、普通なら洗濯ものを干したりと忙しい時間帯によく仮眠をとりました。

おかげで睡眠を十分とることができ、ストレスなく夜間授乳できました。

栄養満点のご飯が食べられる

授乳をしていると、やたらとお腹がすきます。

自宅にいると白米に納豆だけで済ませがちな朝ご飯が、実家ではお惣菜がたくさん!

そして昼食も夕飯も栄養満点なご飯にありつけます。

しかも美味しい! さすがオカンの味です。

毎日遊びに行っている今も、お惣菜をおすそ分けしてもらっているので料理の負担がありません。

わたしが作るのは足りない分のご飯と旦那さんのお弁当くらい。

自宅に一人きりだと、しっかりご飯を作る時間なんてありませんからね…。

旦那の面倒も見てもらえる

里帰りするときって、赤ちゃんのことよりも自宅に旦那を残すことの方が不安になりませんか?

わたしもメッチャ不安でした。

うちの旦那は料理を作るのは得意ですが、後片付けができません。

また、掃除洗濯も苦手。

本人はできているつもりですが、放っておくとシワやホコリだらけの服を着て出勤する危険があります。

旦那のことで余計なストレスを感じたくない!

ということで、旦那も一緒に里帰りしました。

旦那もわたしの実家の居心地が良く(ご飯が美味しい、お風呂が広い、WOWOWでスポーツ観戦できる等々)機嫌よく付き合ってくれたので助かりました。

そして、赤ちゃんどころか旦那までもあたたかく迎えてくれた両親に感謝です。

赤ちゃんの感情表現が豊かになる

お世話をするのがわたしだけでなく、実家の母も加わることで赤ちゃんの感情表現が豊かになったように思います。

もし一人で世話をしていたら、余裕をもって構ってあげられなかったと思います。

実家にいるときは常に赤ちゃんのそばに誰かがいて話しかけていました。

また、来客が多いのも良かったです。

親戚やご近所さんや幼馴染が毎日のように遊びに来てくれたので、とても賑やかでした。

毎日誰かと話すことで、赤ちゃんにも刺激になり、わたし自身も産後うつにならずに済みました。

スポンサーリンク

実家に育児を頼るデメリット

実家に頼ることはメリットばかりではありませんでした。

ワンオペ育児で頑張った方には贅沢を言うな!と叱られそうですが、実家が近いからこそツラいこともありました。

母親としての自信が無くなる

実家でのんびり赤ちゃんと過ごしていると、家事を一切していない自分に嫌気がさすこともありました。

母は笑顔で「気にしなくていいよ」と言ってくれましたが、母に全てを頼り切っている自分はまだまだ子どもで、アラサーにもなって情けないな…という気持ちでいっぱいに。

妊娠中から色んな育児ブログを拝見しましたが、皆さんワンオペだったり実家に頼らず立派に子育てをしています。

わたしは子育てをしているというより、赤ちゃんと一緒に母に世話をされている状態です。

もっとしっかりした母親になりたい。そのためにも早く腱鞘炎を治したい。

今もモヤモヤした気持ちでいます。

赤ちゃんが他の人に懐く

赤ちゃんが話しかけに反応して初めて笑顔を見せたのは、残念ながらわたしではなく母でした。

腱鞘炎で赤ちゃんを長い間抱っこすることができず、抱っこは母にお願いしていたからだと思います。

わたしは座ったまま抱っこしていましたが、やはり赤ちゃんは立って抱っこされるのが好きなようで、母に抱っこされるととても嬉しそうにします。

赤ちゃんが3ヶ月になった今ではわたしにも笑顔を見せてくれますが、やはり母には甘えた声を出したりするので、正直悔しいです。

嫉妬深いママでごめんね!(笑)

父がウザい

実家の母にはめちゃくちゃお世話になっていますが、父はかなりウザいです。

授乳中なのにノックせず部屋に入ってくる、煙草臭い服のまま赤ちゃんに近づく、赤ちゃんを抱っこしていたら「抱き癖がつく!」と訳のわからないことを言う、裸足の赤ちゃんを見て「寒そうだ、かわいそう!」と言う等々、絶妙にイライラする言動ばかり。

また、父は赤ちゃんのお世話をしないくせに、母には偉そうに指示を出したりとモラハラが酷いのです。

いわゆる団塊の世代に多いタイプですね。

父の言動にイライラしたり、長年酷いモラハラに耐えてきた母を思って悔し涙を流したりしました。

産後の情緒不安定なときにモラハラ父という存在はウザいとしか言いようがありませんでした。(笑)

旦那が関心をもってくれない

実は、これが一番のデメリットで、今も悩んでいます。

実家の母が助けてくれると、家事も育児も順調にこなせます。

昼間は実家に遊びに行っているので、わたしのストレスもあまり溜まりません。

そのせいで、旦那は「自分が特に協力しなくても上手くいってるな」と判断してしまいます。

普通なら頻繁に実家に帰省できないので、平日でも旦那が家事を手伝ってくれたり赤ちゃんをあやしてくれたり、色んな協力をしてくれますよね。

我が家の場合は、旦那が「家事も育児も上手くいっている」と思い込み、赤ちゃんが2ヶ月になった時点で週2日のペースで飲み会に行き出しました。

お客さんとの飲み会など仕方ないものが含まれているのは承知していますが、さすがに多すぎるだろう!

貴重な休みの日に整体に通い、フルマラソンに参加したりもしました。

わたしとしては、赤ちゃんの首がすわるまでは遊びに行かず家にいて欲しいとお願いしたつもりでしたが、旦那はゴルフを我慢している程度。マラソンは遊びじゃないってことか…ふーん、なるほどね。

もちろん買い物などは手伝ってくれますが、オムツ替え、寝かしつけは全てわたしが担当。

頼まないと赤ちゃんをあやしてくれません。

赤ちゃんが喃語を話し出したときも、気にせずテレビを見ていたのはかなりショックでした。

わたしのこともそうだけど、もっと赤ちゃんに関心を持って欲しい。

赤ちゃんは勝手に育っている訳じゃないのに。

…と、こんな感じで実家に頼りすぎた結果、旦那の協力をあまり得ることができず困っています。

本人は悪気などなく、本気で気づいていないっぽいので、どう指摘しようか悩んでいます。

わたしと母が頑張りすぎているせいで、旦那自身が蚊帳の外にいるように感じているのかもしれません。

わたしにも反省すべき点がありますが、もっと積極的に関わって欲しいものです。

以上、育児を実家に頼ることのメリットとデメリットでした。

あまり実家に頼りすぎず、わたしたち夫婦が娘の両親として成長しなくてはいけませんね。

読んでくださってありがとうございました!