斉藤犬子のスロウな日々

斉藤犬子のスロウな日々

育児日記とゆるく生きるためのアレコレ

自然分娩をディスられた話

こんにちは、斉藤犬子です。

最近、無痛分娩についてのニュースをよく見かけますよね。

スポンサーリンク

「無痛分娩で母親死亡」とか「無痛分娩で母子に障害が残った」とか。

こちらの記事にも書かれていましたが、無痛分娩は特別危険なものではないのに、どうも日本では否定的な意見の方が多いようです。

こちらの記事を読みながら思い出したことがあります。

わたしは今年の1月に自然分娩で娘を出産しました。陣痛促進剤や麻酔などは一切使わず、産科医も立ち会わず、助産師さんに赤ちゃんを取り上げてもらいました。

無痛分娩を否定する方からすれば理想のお産だと思いませんか? 母親が自然に出せる力で出産するのですから。

でも、実際は自然分娩なんてありえない!と否定されることが多々ありました。

自然分娩を選んだ経緯

実はわたし自身「こんなお産がしたい!」という理想はありませんでした。それよりはお産をする病院の雰囲気を重視していました。

近くに無痛分娩などを扱っている総合病院と個人病院がありましたが、産科医の雰囲気が嫌だとか検診の待ち時間が長すぎる等々の理由から却下し、助産院を選びました。

幸い、助産院で出産できる条件をクリアしたので(身長、BMI値、年齢、既往歴など厳しい条件があります)自然分娩で頑張ってみようと決意しました。

自然分娩に対する家族の理解

わたしが助産院で産みたいと言うと、旦那さんと母は微妙な反応をしました。

産科医が立ち会わないという点が不安だったそうですが、万が一の場合は近くの大学病院と連携できることを説明すると安心してもらえました。

念のため助産院の見学もしてもらいました。助産師さんの熱心で親切な対応を見て、旦那さんも母も「総合病院ではここまで親切にしてもらえないだろう」と、わたしが助産院を選んだ理由に納得したようでした。

最終的に言われたことは「あなたが産むのだから、あなたの納得できる方法でいい」ということでした。家族に反対されなかったのは良かったと思います。

会社や知人に自然分娩をディスられた

妊婦健診でちょこちょこ会社をお休みするようになると、自然と「どこの病院で産むの?」という話題になります。

そこでわたしが病院じゃなくて助産院で…と答えると99%は「それって危なくないの?」と変な顔をされました。

ひどい時は「今どき自然分娩なの?」「戦前かよ笑」とバカにするように笑われました。

妹が知人との話の中で「姉がこんど助産院で出産予定なんです」と言うと、「今どきリスクが高いやり方でお産をするなんてバカげている」と返されたそうです。なんと、直接会ったことがない人にもディスられました…。ここまでくると怒りを通り越して笑っちゃいましたが。

結局は普通の病院で、普通に産科医立ち会いのもと、普通に陣痛に耐え、普通に経膣出産しなければディスられるということなんですね。帝王切開でもぐちゃぐちゃ言われますからね。

無痛分娩でディスられた方へ

無痛分娩でをしてディスられた方へ。安心してください、わたしは自然分娩を選択してもディスられましたから! 無痛分娩だからって罪悪感を感じる必要は全くありません。

最近になってようやく悟りました。妊娠出産のことだけでなく、何事にも文句を言いたがる人がいます。そういう人はわたしたちが何を選択しても文句を言います。だからと言って文句を言う方たちの意見に従って行動しても賞賛されることはありません。ただ気に入らないから、文句を言いたいだけなんですね。

外野の方たちはわたしたちの妊娠出産に責任を持っていません。無責任だからこそ好き勝手に文句を言うのです。

陣痛に耐えたほうが赤ちゃんへの愛情が深まるに違いない…なんて、そんな根性論はいりません。出産まで母親はつわりに耐え、日々重くなる体や変化する体調に散々悩まされてきました。そんな苦労を10か月も続けるのですから、陣痛の有無なんて関係なく、我が子に一番責任を感じているのは間違いなく母親です。

さいごに

わたしは自然分娩を選んだからと言って無痛分娩を否定的に思うことはありません。

最も大事なのは子どもが無事に産まれてくれることと、母親の精神的または身体的な負担を減らすことだと思います。

無痛分娩を選ぶことで安心してお産にのぞめる方もいれば、わたしのように助産師さんのサポートを重視する人もいます。

また、自然分娩を希望していても難しい状況になれば促進剤の投与や帝王切開をする可能性があります。子どもの安全を最優先に考えると当然のことですし、子どもが無事に産まれてくれるなら結局は手段を問いません。

やはりお産は人それぞれ違います。何が起こるかわからないからこそ、「お産はこうでなければいけない!」という決めつけはできません。出産する自分自身にすらどうなるか予想はできないのですから。

ましてや何も事情を知らない他人に的確なアドバイスなんてできるでしょうか。他人の無責任な意見は上手に聞き流す、つまりスルーするのが一番です。

わたしも上手にスルーできずイライラしてしまうことがありますが、自分が真剣に考えて選択したことには自信を持ちたいなと思いました。

スポンサーリンク